ノビルンは小学生向け?高校生には不人気?

ノビルンは小学生向けのサプリメントのようなイメージがありますが、中学生や高校生が摂取してもまったく問題ありませんし、実際に高校生でも体の成長をサポートするために摂取し続けている人もたくさんいます。

また、ノビルンは、カルシウムやビタミンなどの人間に欠かすことのできない栄養素を手軽にとれるサプリメントなので、大人の方が日々の栄養補給のために摂取するのもまったく問題がありません。

 

ノビルンは飲みやすいから継続できる!

味付けが「ラムネ味」「チョコ味」「ぶどう味」「パイン味」などの子供っぽいものになっているので、小学生向けと思われるかもしれませんが、年齢に関係なく食すことができます。子供が喜ぶ味が付いているので、おやつのような感覚で美味しく食べることができるでしょう。

ノビルンのいいところは、1日たった2粒だけをとればいいことです。

たったこれだけの量で、カルシウム・タンパク質・マグネシム・各種ビタミンなどの成長に欠かせない栄養をしっかりと摂取することができます。成長期のお子様が、自分の身長を伸ばそうとする目的で、牛乳をがぶ飲みすることが少なくありませんが、これは体に負担がかかるのであまりおすすめできる方法ではありません。

牛乳をあまり無理に飲みすぎると、お腹を壊してしまうこともあります。さらに、牛乳だけをやみくもに飲んでいれば身長が伸びるのかというと、必ずしもそういうわけではありません。他の栄養素をバランスよくとることがとても大事ですし、良質な睡眠や運動も必要になってきます。

毎日牛乳をがぶ飲みすると、お金もかかり家計の負担にもなるでしょう。

 

ノビルンはコスパ抜群!

実はノビルンは経済的にも優れているサプリメントといえます。

ノビルンをコストパフォーマンス重視で買うなら、公式サイトで定期コースを申し込むのがおすすめです。定期コースで申し込めば、初回は一袋30日分を1980円で購入できますし、2回目以降も2980円で購入することができ、さらに送料も一切かかりません。

これで1日に2粒摂取したとすると、1日あたりの料金はだいたい100円くらいになります。1日100円なら無理なく続けていくことができる料金でしょう。毎日牛乳を購入してくるよりも安上がりかもしれません。

定期コースで注文しておけば、毎月定期的に商品が発送されるので、わざわざ自分で買いに行く手間もかかりません。万が一契約を解除したくなった場合でも、4回目以降の注文分ならば、いつでも電話1本でキャンセルすることができます。

 

両親の身長は関係ない!今日からがんばる!

身長が伸びる要因には、遺伝やホルモンなどの「内的要因」と栄養や睡眠、運動といった「内的要因」の2つがあることが知られています。

そして、内的要因のうち遺伝が大きく影響しているのは周知の事実です。一方で、遺伝については個人の努力ではどうしようもないのも事実です。では、両親ともに身長があまり高くない人は諦めるしかないのでしょうか。

結論から言えば、答えは「ノー」です。

というのも、外的要因については個人の努力によって改善できる点がいくつか見出せるからです。そのためにも、まずは身長が伸びる仕組みというものを理解しておくことが求められます。

 

身長が伸びる仕組み

骨の両端には「骨端線」という部分があります。この軟骨でできた部分に、成長ホルモンやソマトメジンCという物質が働きかけ、骨の成長を促進しているのです。

しかし、骨端線は大人になると固くなってしまい、それにともなって伸びも止まってしまいます。

したがって、骨端線が柔らかい成長期に必要な環境を整えてあげられるかがポイントになります。また、一生のうちに2度ほど身長が急激に伸びる時期があることを理解しておくことも大切です。

1回目は乳幼児のころで、2回目はいわゆる思春期の始めごろとされています。この時期に必要な栄養と十分な睡眠時間を確保し、適度な運動を行うことでさらなる成長を促すことも十分に可能です。栄養に関しては、骨を形成するのに必要なタンパク質を意識して摂ることが求められます。また、カルシウムは骨の強度を高めてくれる働きを持っています。

思春期になると痩せたいという願望が強くなりがちで、ダイエットの低年齢化も懸念されています。しかし、痩せたいと願うあまり必要な栄養まで摂れていないのでは本末転倒です。肉や魚、大豆などからしっかりとタンパク質を補給しておきましょう。

 

睡眠と身長の関係

 

次に睡眠時間ですが、人間は寝ている間に成長に必要なホルモンが盛んに分泌されています。

昔と比べると、成長期にある小中学生の睡眠時間は減少傾向にあるという調査結果もあります。しかし、これは成長にとって好ましくない状況です。最後に運動ですが、こちらも外遊びの減少などから、運動量が減っている傾向が見られます。

もちろん、運動といっても過度な運動は好ましくありません。これは、成長に必要な栄養まで消費してしまうおそれがあるからです。適度な運動を心がければ、成長にとっても好ましい環境を整えることができます。

以上のように、外的要因だけでも努力する余地はまだ残されています。大切なのは、「両親の身長は関係ない!今日からがんばる!」という気持ちで頑張ることです。