身体が成長して、身長が伸びる現象と骨が成長することは密接な関係があります。

また骨が成長する効果を得ることが期待出来る栄養素が、タンパク質です。この栄養素は筋肉や骨の原料となる栄養素で、成長ホルモンをたくさん分泌させる働きを促進する効果を得ることも期待することが出来るなど、身体が成長するのにとって必要不可欠な代表的な栄養素になります。

そして卵や肉類、乳製品、魚類、豆類などに豊富に含まれているのです。食事を摂るときにはタンパク質が豊富な食材が良いバランスで取り入れられた料理を選ぶようにするのが良い方法になります。

 

タンパク質が豊富な肉がいい?

肉類にはタンパク質が豊富に含まれているのですが、それと同時にたくさん脂肪分も含まれるのです。しかし動物や部位の種類によっては脂肪分が少なく、タンパク質が豊富な肉もあるため特徴を良く知っておいてから選ぶ必要があります。肉類と比べると魚類はカロリーが抑えられていてタンパク質が豊富なものがたくさんあります。

カツオやマグロの中でも赤身の部分などは脂肪分とタンパク質とのバランスが整っており、鮭やサバなどは割合脂肪分が多いです。豆類の中でも大豆は畑の肉と言われるぐらいに豊富に含まれていて、脂肪分もあまり含まれていません。

野菜の中でも大豆は優れたタンパク質の源になるため積極的に摂取するのが良い方法です。ただし、たくさん食べ過ぎてしまうとホルモンのバランスが崩れてしまう原因となることがあるため注意する必要があります。

 

タンパク質は健康の源

タンパク質は健康な身体づくりをするのに大事な効果と働きがあるのです。身体中の皮膚や筋肉、臓器、ホルモンなどは全てタンパク質を材料にして作られています。骨格を成長させ身長を伸ばすのに必要となる成長ホルモンもタンパク質により作られているため身長を高くしたい方には必要不可欠な栄養分です。

ところが肉類や魚類などといったタンパク質が豊富に含まれている食材は脂肪分もたくさん含まれている場合が少なくありません。

脂肪分の摂取し過ぎると肥満体型になってしまうため、食材は脂肪分が抑えられていてタンパク質が豊富に含まれているということが理想的です。この理想に当てはまる肉類は鶏のささ身や馬肉、もも肉、胸肉などが挙げられます。鶏のもも肉は脂肪分が多いですが、料理をする段階で脂身を取り除くなどといった工夫をすることによって脂肪の摂り過ぎを抑制することが可能です。

大豆は脂肪分が抑えられタンパク質を豊富に含まれているため身長を伸ばしたい人が調理するときに活用したい食材になります。