身長

身長と栄養の密接な関係とは?

身体が成長して、身長が伸びる現象と骨が成長することは密接な関係があります。

また骨が成長する効果を得ることが期待出来る栄養素が、タンパク質です。この栄養素は筋肉や骨の原料となる栄養素で、成長ホルモンをたくさん分泌させる働きを促進する効果を得ることも期待することが出来るなど、身体が成長するのにとって必要不可欠な代表的な栄養素になります。

そして卵や肉類、乳製品、魚類、豆類などに豊富に含まれているのです。食事を摂るときにはタンパク質が豊富な食材が良いバランスで取り入れられた料理を選ぶようにするのが良い方法になります。

 

タンパク質が豊富な肉がいい?

肉類にはタンパク質が豊富に含まれているのですが、それと同時にたくさん脂肪分も含まれるのです。しかし動物や部位の種類によっては脂肪分が少なく、タンパク質が豊富な肉もあるため特徴を良く知っておいてから選ぶ必要があります。肉類と比べると魚類はカロリーが抑えられていてタンパク質が豊富なものがたくさんあります。

カツオやマグロの中でも赤身の部分などは脂肪分とタンパク質とのバランスが整っており、鮭やサバなどは割合脂肪分が多いです。豆類の中でも大豆は畑の肉と言われるぐらいに豊富に含まれていて、脂肪分もあまり含まれていません。

野菜の中でも大豆は優れたタンパク質の源になるため積極的に摂取するのが良い方法です。ただし、たくさん食べ過ぎてしまうとホルモンのバランスが崩れてしまう原因となることがあるため注意する必要があります。

 

タンパク質は健康の源

タンパク質は健康な身体づくりをするのに大事な効果と働きがあるのです。身体中の皮膚や筋肉、臓器、ホルモンなどは全てタンパク質を材料にして作られています。骨格を成長させ身長を伸ばすのに必要となる成長ホルモンもタンパク質により作られているため身長を高くしたい方には必要不可欠な栄養分です。

ところが肉類や魚類などといったタンパク質が豊富に含まれている食材は脂肪分もたくさん含まれている場合が少なくありません。

脂肪分の摂取し過ぎると肥満体型になってしまうため、食材は脂肪分が抑えられていてタンパク質が豊富に含まれているということが理想的です。この理想に当てはまる肉類は鶏のささ身や馬肉、もも肉、胸肉などが挙げられます。鶏のもも肉は脂肪分が多いですが、料理をする段階で脂身を取り除くなどといった工夫をすることによって脂肪の摂り過ぎを抑制することが可能です。

大豆は脂肪分が抑えられタンパク質を豊富に含まれているため身長を伸ばしたい人が調理するときに活用したい食材になります。

 

両親の身長は関係ない!今日からがんばる!

身長が伸びる要因には、遺伝やホルモンなどの「内的要因」と栄養や睡眠、運動といった「内的要因」の2つがあることが知られています。

そして、内的要因のうち遺伝が大きく影響しているのは周知の事実です。一方で、遺伝については個人の努力ではどうしようもないのも事実です。では、両親ともに身長があまり高くない人は諦めるしかないのでしょうか。

結論から言えば、答えは「ノー」です。

というのも、外的要因については個人の努力によって改善できる点がいくつか見出せるからです。そのためにも、まずは身長が伸びる仕組みというものを理解しておくことが求められます。

 

身長が伸びる仕組み

骨の両端には「骨端線」という部分があります。この軟骨でできた部分に、成長ホルモンやソマトメジンCという物質が働きかけ、骨の成長を促進しているのです。

しかし、骨端線は大人になると固くなってしまい、それにともなって伸びも止まってしまいます。

したがって、骨端線が柔らかい成長期に必要な環境を整えてあげられるかがポイントになります。また、一生のうちに2度ほど身長が急激に伸びる時期があることを理解しておくことも大切です。

1回目は乳幼児のころで、2回目はいわゆる思春期の始めごろとされています。この時期に必要な栄養と十分な睡眠時間を確保し、適度な運動を行うことでさらなる成長を促すことも十分に可能です。栄養に関しては、骨を形成するのに必要なタンパク質を意識して摂ることが求められます。また、カルシウムは骨の強度を高めてくれる働きを持っています。

思春期になると痩せたいという願望が強くなりがちで、ダイエットの低年齢化も懸念されています。しかし、痩せたいと願うあまり必要な栄養まで摂れていないのでは本末転倒です。肉や魚、大豆などからしっかりとタンパク質を補給しておきましょう。

 

睡眠と身長の関係

 

次に睡眠時間ですが、人間は寝ている間に成長に必要なホルモンが盛んに分泌されています。

昔と比べると、成長期にある小中学生の睡眠時間は減少傾向にあるという調査結果もあります。しかし、これは成長にとって好ましくない状況です。最後に運動ですが、こちらも外遊びの減少などから、運動量が減っている傾向が見られます。

もちろん、運動といっても過度な運動は好ましくありません。これは、成長に必要な栄養まで消費してしまうおそれがあるからです。適度な運動を心がければ、成長にとっても好ましい環境を整えることができます。

以上のように、外的要因だけでも努力する余地はまだ残されています。大切なのは、「両親の身長は関係ない!今日からがんばる!」という気持ちで頑張ることです。